2010年10月25日

セミナー開催に向けて

現在、中京大学の学生(3年生)向けにプログラミング教室(C言語)を開催中です。
できの良い学生で、プログラミング教室は2ヶ月で終わろうとしています。

プログラミング教室はいずれ商業ベースにのせていきたいと考えていますが、その道のりは険しく長いです。プログラミング教室ともなると1回では済まず、最低でも10回近い開催が必要となるからです。
今回の教室を無事終えることができたら、まずは1回限りのセミナーを成功させたいと考えています。

1回限りであれば、私のソフトウェア業界20年弱の歴史の中でずっと考え続けてきたことを話したいですね。ソフトウェアの品質と設計の関連性についてです。
ソフトウェアの品質を考えるとき、何が重要か?
人によっては仕様書書きだ、テストケースだ、いろんな意見が出てきそうですが、私の経験則からいけば、ソフトウェアの構造設計、これにつきます。

私が考え続けてきたのはオブジェクト指向的な設計によって、これを実現することです。
いずれは本を執筆してまとめたいと思っている内容なのですが、なかなかまとまりません。
セミナー開催などを通して自分の考えをさらにまとめていきたいという狙いもあります。

何はともあれ、まずはセミナーで話す内容のまとめとセミナー会場探しです。
両方とも重要ですので、時間を掛けてじっくり検討したいと思います。
posted by アベンテック合同会社 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記