2007年09月15日

ブログ新設しました

みなさん、こんにちは。
昨日(2007/09/14)、待ちに待ったアベンテック合同会社が立ち上がりました。
それを記念して、ブログも立ち上げました。
今後とも、皆様、よろしくお願いいたします。
posted by アベンテック合同会社 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月16日

起業祝い

会社は起業しましたが、まだ特定派遣許可申請が通っていないこの時期、企業活動はまだ行われていません。
そんな中で、起業祝いをしていただきました。
全然、そんなことを予測していなかったものですから、正直、びっくりしています。アベンテック(合)を応援してくれる方々のためにも頑張らねばと思うのでした(^-^)
posted by アベンテック合同会社 at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月17日

名刺くばり

今日は会社設立後、初めて名刺配りを行いました。
特にお世話になっている人たちに配りましたが、なかなか好評のようです。
2007_0120_101200.jpg

我が家のワンコも喜んでいます。
え(・_・") ワンコは関係ないって? こりゃまた失礼しました。
posted by アベンテック合同会社 at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月18日

ママでも金

やりましたね!谷選手!!「ママでも金」感動しました!!!本人のたゆまぬ努力、周囲の理解支え。厳しい勝負の世界で常に頂点を目指す強い精神力は、凡人にはまばゆいものにすら見えます。

アベンテック合同会社を起業するさいに考えたことの一つに「子育てでブランクがあっても適正な評価のもと働ける仕事」がありました。正直、バリバリのキャリアであった人が再就職時に以前のスキルを評価してもらえない。会社の体制上は「産休育休」があっても、戻れば自分の席が無く退社せざるを得ない。本人だけの問題だけでなく、社会的にもなんて大きな損失なんだ!!と考えておりました。

昔、妻の介護をするために知事職を辞任した方がいらっしゃいました。美談です。感動しました。しかし、現実の生活をかえりみれば経済的な問題と常に向き合わなくてはなりません。
システムエンジニアとして派遣労働されている方は、この辺りかなり柔軟に対応できています。実際「妻の介護のため在宅で請負い仕事をもらっていた者」を知っております。派遣先から契約の打ち切りを言い渡され「次の契約まで旅行行きます」なんて優雅過ぎる人も。

派遣労働では確かに一つの職場に留まることはできません。逆に言えば「留まらなくても良い」と言うことです。「労働派遣」という耳慣れた、しかしまだまだ社会的不安要素の多い働き方を、労働者にとって働きやすく自身の生き方を選べる働き方へとグレードアップさせる!自分の夢であり、アベンテック合同会社の最終目的です。 by独り言の多い社長でした。
posted by アベンテック合同会社 at 09:24 | 日記

2007年10月01日

優良な派遣労働者

本日、10月1日、アベンテックから派遣労働者を無事送り出すことができました。社長としては感無量でございます。お力添え下さった皆様、かたく御礼申し上げます。

さて、今後の課題は優良な社員の確保です。アベンテックが考える「優良な派遣労働者」とは?なんでしょう?、、、社長はずっと考えてきました。、、、そこに派遣先企業様があるからこその派遣労働では?と、考えれば自ずと答えが、、、

1) 派遣先が1号業種(ソフトウェア開発者)の派遣対象として認められる人材であること
2) 派遣先での業務をきちんとこなす人材であること

簡単に言えば、SE・PGとしての実力もさることながら「作業環境の変化に柔軟に対応できる人物」が最も必要とされる人物であろうと考えました。「な〜んだ、あったりまえじゃん」と思われますか?たしかに一般会社員にも必要な資質であることに間違いはありません。しかし、年功序列、慣れ親しんだ職場環境、同期入社との繋がりなど一切期待できません。最大の問題は「作業上の指揮系統」です。具体的に申し上げましょう。バリバリのベテランSEでありながら、入社歴数年の正社員に仕事の指示をされる可能性があるということです。最悪「年齢も実力も遙かに劣る人物が立場上の上司となる」結構辛いモノありますよ。かくいう社長自身も契約社員として無知無能な人物の配下に置かれ悶々とした過去がございます。

幸いなことに現在の派遣先企業様では、大変恵まれた環境で作業させていただいておるようです。人間関係も仕事内容にも恵まれた、信用のおける大企業。業績は絶好調。しかも社食は安く、なかなかの美味。起業まもない弊社にも丁寧に対応してくださる、、、経営者としては、足を向けて寝ることなどできません。

by独り言の多い社長でした。
posted by アベンテック合同会社 at 10:30 | 日記

2007年10月14日

開業の知らせ

今日は開業の知らせを作成しました。
いよいよ本格的に求人活動も始める予定です。
期待と不安で一杯です(^-^)

ポチッとしてね(^-^)

posted by アベンテック合同会社 at 20:28 | Comment(0) | 日記

2007年11月21日

SEのタイプ

これから、当面は日記風ブログで行く予定っす。

なにげに、我が職業であるシステムエンジニアについて調べていたら、こんな記事を見つけました。
スゴ腕?下請け任せ?SEのプログラム愛情度チェック

どうやら私は7%になりたいようです。

あいさつやコミュニケーションができないSE・PGが許せないという人がいますが、全く同感です。

SE・PGっていうか。。。
あいさつもできんで、「何が技術者や」と思うのでした。

自分の作りたいものを1から思いっきり設計して、それを作る楽しみに、「どっぷり浸かってみたい」と思う派遣社員Aでした。

え(^。^;)
今のお前はって。。。
「CASE 2」 32%を占めるSEの一人っす。

まぁ、派遣でSEっていうと、このタイプが大半なのではないでしょうか。立場上、客先に行くことは少ないですし、誰かの上司になることは稀ですので必然の結果でしょう(^-^)


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 20:36 | Comment(0) | 日記

2007年11月22日

時代に乗り遅れた(´ヘ`;)

派遣社員Aは、ついこの間まで9年以上前に発売された、プログラミング言語を使用していました。
Visual C++ 6.0というやつです。

すでに、Visual C++はメジャーバージョンアップを何度も繰り返しており、いいかげん新しいコンパイラにしようという話になりました。
で、導入されたのが...
Visual C++ 2005というやつです。

いやぁ、知らない間にはげしく時代遅れになっていますなぁ。
CLI(シーエルアイ) なんすかそれ(´ヘ`;)
STL(エスティーエル) もう訳分かんないしふらふら
.NET(どっとねっと) 最新のネットツールですか?

問題なのは、乗り遅れてしまったこれらの技術。。。
今後、必須の技術なのだろうか。

もしそうなら、これ以上、乗り遅れたくない。
もし、そうでないなら、無駄なことに時間を費やしたくない。

う〜悩みどころです。


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 21:56 | Comment(0) | 日記

2007年11月24日

電子工作

派遣社員Aが昔からやっていた趣味には、パソコン以外に電子工作があります。

こんなやつですが、なかなか楽しかったです。

しかし、価格帯を見てください。
正直、学生の私には、高〜い買い物です。

それでも、最盛期には、自分で電子回路を設計し、プリント基板のパターンを設計し、自分でプリント基板を作成し、電子部品を購入し、ハンダ付け、ケースの加工、組み付けといった一連の作業をたった一人で行ったものです。

その成果がこれです。今でもバッチリ動きますよ(^^)v
知ってる人には分かると思いますが、たかが電源です。
しかし、固定電圧3,6,...,15Vに対して、0V〜固定電圧までのスムーズスクロールという、画期的な電源です。
2007_1124_105939.png2007_1124_110201.png
2007_1124_110100.png

※ 右上の写真のDC出力端子(赤と黒のまるいやつね)の下に穴ポチが2つ見えると思いますが、最初はここにDC出力端子をつけようとしてセンターポンチを打ったんです。でも、いざドリルで穴を開けようとしたときバランスが悪いことに気づき、もう少し上に移したんです。それが写真を通しても分かるなんて、なんか面白いですね(笑)

やぁ、なんだか、この記事を書いていたら、無性に電子工作したくなってきました。。。

ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 12:00 | Comment(0) | 日記

2007年11月25日

派遣元事業主

アベンテック合同会社は派遣元事業主です。

派遣元事業主とは何でしょう。
---------------------------
厚生労働大臣への許可や届け出を行い、労働者派遣事業者として、労働者派遣契約を結んだ別の事業主(派遣先事業主)に労働者を派遣するために、労働者を雇用する事業主を派遣元事業主といいます。
---------------------------
だそうです。

なんだか難しいですね。

要するに、自分のところで労働者を雇って、人のところで働かせるということです。

働く場所が別にあるから、我が社では働く場所を用意しなくていい。簡単な事務作業を行える場所さえ用意できれば、派遣事業は始められます。
そのため、新規事業着手の糸口として、派遣事業は有利です。
しかし、有利なことと簡単なことは別です。

すでに、大手企業が蔓延する中で、しかも特定派遣のみで会社経営を成り立たせるのは至難の業です。

頑張らねば!と思う派遣社員Aでした。


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 15:42 | Comment(0) | 日記

2007年11月27日

びすた

派遣社員Aは昨日、ようやく新OSをゲットしました(^-^)

Windows Vistaです。

Aeroとかいうのに対応するには、グラフィックアクセラレータの性能が貧弱ということで、そちらのパワーアップも兼ねて行いました。

しめて、2万4千円。結構な出費ですふらふら。まあ、いずれ必要な出費と思っていたので決心できましたが、なんとなくなら出せないお金だったでしょう(^^;)

今日はいそいそとビスタ君のインストール中です。

何も起きなきゃいいんですがね(^-^;


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 20:35 | Comment(0) | 日記

2007年11月29日

びすた2

先日、購入したWindows Vistaのインストールがほぼほぼ終わりました。

使ってみての感想は、「まぁマイナーバージョンアップとして見れば、そこそこいけてる」という感じです。

WindowsXPになったときのように、OSの安定性が上がったわけでもなく、私にとってはそれほど大きなメリットはなさそうです。

「じゃあ、なんでわざわざVistaにしたんだ!!

良い突っ込みです(笑)

実は私、一フリーソフトの作者でもあります。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA010766/

「ばっくんちょ」がVistaで動かないって話があったんです。
で、重い腰を上げて原因調査というわけです。

結論はインストーラの問題でした。
近日中に修正版をアップする予定です(^^)v


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 20:37 | Comment(0) | 日記

2007年12月01日

びすた3

Windows Vista いろいろ使ってみました。

先日、書いたとおり、悪くは無いです。

なかなか高級感あふれる画面で、一度、慣れてしまうと、Windows XPの画面が非常にダサク見えてきます(笑)

一番の問題点は、何かをやろうとすると、いちいち「権限の昇格確認」ダイアログが表示されることです。
いちいち、うざいったらありゃしない。
なんとかなりませんかねぇ、コレもうやだ〜(悲しい顔)

まだ、Vistaでない人たちのために簡単に解説すると、Windows Vistaでは管理者権限を持ったユーザでログインしたとしても、そこから起動したアプリケーションはユーザ権限しか持たないのです。
なので、起動したアプリケーションがユーザ権限を越える動作を行う場合に「権限の昇格確認」ダイアログが表示されるのです。

いくら、セキュリティのためとは言え、ユーザにこんなに
手間かけさせられるのは、ヤな感じです(´ヘ`;)


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 23:22 | Comment(0) | 日記

2007年12月03日

技能五輪

今日はNHKスペシャルで「技能五輪」を見ています。
技能五輪はハードの物作りに対する五輪です。

機械設計に始まり、切削、組み付け、などなどハードウェアに関する技術の集大成です。
ハードウェアに関する技術は大変奥が深く、トップクラスの技術には目を見張るものがありました。

しかし、見ていて気づいたことがあります。
私の専門はソフトウェアですが、同じ物作りの技術者として、非常に多くの似ているところがあるなぁということです。

全く同じものを作るのに、作り方はそれこそ無限通りにある。その中から何を選択するのか。どうして、それを選択したのか。
良い選択にもいろいろ種類があり、時と場合によって、どの良い選択をするべきか。。。

良いソフトウェアにもいろいろあります。
1) 高速動作
2) 楽しさ
3) 分かりやすさ
4) 高メンテナンス性
ゲームソフトは高速動作が求められる事が多く、ウェブアプリは楽しさが求められることが多いです。
要は自分が作るソフトウェアに何を求めるかです。
目標を定めずに作られたソフトウェアは、「二兎追う者は一兎も得ず」のことわざ通り、使いづらいソフトウェアになります。

私の目指す究極のソフトウェアは高メンテナンス性のソフトウェアです。まだまだ答えは出ません。一生かかって模索を続けたいと思います(^-^)


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 22:57 | Comment(0) | 日記

2007年12月05日

ソフトウェアの性能

先日、良いソフトウェアにもいろいろあるという話をしました。
今日は、はからずしも良くない結果をもたらしてしまったソフトウェアの話です。

それは、MicroSoft Access というデータベース内に書かれたソフトウェアのソースコードのお話です。
問題のソースコードは3年以上前に作られたものであり、時々、そのソフトウェアを使用してデータ処理を行っていました。
しかし、作られた当初からどうも遅いなぁと漠然と思っていました。

でも、まぁたまに使用する程度でしたし、何となく遅い気はするけど、不具合はないし、手作業で同じ作業をするよりは楽なので、気にせず使い続けていました。

しかし、この数ヶ月前から、そのソフトウェアの使用頻度が格段に上がっていました。いよいよ、遅さが気になりだしてきたのです。
データ量を考えるとどう考えても遅すぎでした。

ついに、私は重い腰を上げて、遅い原因の調査に入りました。
して、その結果は。。。
なんと、元々30分(1800秒)かかっていたものが、3秒になりました。
600倍速です\(゚o゚;)/ひえ〜

いやぁ、ソフトウェアって、元々、速いものをさらに速くするのはものすごく難しいけど、遅くすることのなんと簡単なこと(^^;;)
思い知ったり、という気分でした。

元々の遅いソフトウェア、、、
特別に作りが悪かったわけではありません。
ただ、データベースの使い方によって、ものすごく遅くなるパターンがあり、それを把握していなかっただけのことです。
恐いですねぇ!!


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 20:38 | Comment(0) | 日記

2007年12月07日

ソフトウェアの性能測定

世の中にはソフトウェアの性能を測定するソフトウェアというものが存在します。
いやぁ、分かりづらいですねぇ(笑)

ソフトウェアの世界にはこういう分かりづらい話がたくさんあります。例えば、UNIXという有名なOSがあります。このOSどうやって作られたと思います。
C言語という開発言語を使って作られたんですねぇ。。。
じゃあ、UNIX-CというC言語は、どのOSの上で動いているでしょう?UNIXですねぇ。
気がつきましたか。にわとりが先かたまごが先かの話です。

そんなわけで、ソフトウェアの性能測定をするソフトウェアというのも、実際に存在するんです。
そこで、私が何年にも渡って、仕事で作ってきたソフトウェアを性能測定してみました。

時間のかかっている部分はほぼ予想通りでした。
今までは、遅そうと思いながらも、確証がないのでほったらかしにしていた部分でしたが、こうはっきりと証拠を見せつけられてしまうと直さずにはいられなくなります(笑)。
今週は疲れた一週間でしたふらふら


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 19:38 | Comment(0) | 日記

2007年12月09日

カラオケ

今日はカラオケに行ってきました。

カラオケの世界にも、ソフトウェアの進出はめざましいものがあります。
通信カラオケはシステムそのものがソフトウェアの固まりですが、曲選択のリモコンにもソフトウェアが進出しています。
今時のカラオケでは、リモコンそのものが高度な情報端末で、従来のリモコンカラオケのときと同様に、曲名や歌手名での検索だけでなく、ドラマやアニメのテーマ曲などの場合、それらの名称から検索したり、今月のヒット曲、カラオケ限定のヒット曲の検索などもお手の物です。
いずれは、あこがれの歌手(の立体映像)と競演しながら、歌えるカラオケなんていうのも出てくるのでしょうか。

ソフトウェアの世界はバーチャルな世界です。
そして、バーチャルはどんどんリアルに近づいています。
いつか、バーチャルとリアルの区別が出来なくなる日が来るのでしょうか?
ちょっと楽しみでもあり、恐さも覚える今日この頃です。


ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 22:34 | Comment(0) | 日記

2007年12月10日

シャア専用携帯

派遣社員Aは2年ほど前から、SoftBankの携帯電話を使用しています。昨日は携帯電話の名義変更手続きのため、SoftBankへいそいそと出かけました。

すると、そこには噂のシャア専用携帯があるではありませんか。思わず手にとって見てしまいました。
ただ、残念ながら置かれていたのは、電話機本体の側だけで、話題の充電器側は置かれていませんでした。まぁ、ともあれ電話機の側だけでも見られたのはビッグニュースです。

早速、今日、会社でその話をすると持ちきりになりました。
ソフトウェアエンジニアばかりの職場ですので、世間の人は、マニアの集まりとして、さぞ大盛り上がりと思われるのでしょうか。。。
しかし、現実は私の思ったとおりでした。
みなさん一応の関心はあるようですが、その域を超えていません。
いつのまにかソフトウェア業界もマニア的な部分が抜けて、普通の人間の集まり(笑)になったと言うことでしょうか。

少なくとも私には嬉しいことです。

ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 21:51 | Comment(0) | 日記

2007年12月11日

仮想現実

先日、バーチャルとリアルの世界の話をしました。
現在のソフトウェアによる、バーチャル世界は容易にリアル世界との区別がつきます。
私もほんの少し前までは、バーチャルとリアルの世界の壁がなくなるなんて想像もつきませんでした。

その壁を見事に取っ払ってしまった作品が、アニメで言えば「攻殻機動隊」、映画で言えば「マトリックス」です。
壁が無くなってしまったとき、人はバーチャルの世界、リアルの世界、どちらで生きることを幸福に感じるのだろうか?
壁が無くなってしまったとき、人はどちらをよりリアルに感じるのだろうか?
そして、どちらの世界で生きることを選択するのだろうか?
非常に興味深く、楽しそうでありながら、同時に恐ろしい話です。

私なりに、いろんな机上の空論をしたあげくにたどり着いた一つの答えが、バーチャルの世界は所詮リアル世界なしに存在できないと言うことでした。
バーチャルな世界がリアルの世界と何も接点を持たないならば、それは心理的なものでしかありません。
しかし、心理的なものが存在し続けるには、それを格納する受け皿が必要です。
それは人間の脳かもしれませんし、コンピュータの記憶装置かもしれない。はたまた、霊体のようなものかもしれない。
なんにせよ、リアルな世界に物理的な受け皿が必要なのです。
受け皿の崩壊はバーチャル世界の崩壊を意味します。この原則が覆されない限り、すべてのバーチャルはリアルの上に成り立つと言えるわけです。
つまり、リアルなしにバーチャルは存在できないと言えるわけです。

だからこそ、リアルを大切にせねばならない。
そう、思う派遣社員Aでした。

ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 19:46 | Comment(0) | 日記

2007年12月13日

クリスマスツリー

気がつくと、もうクリスマスまであと2週間を切っています。
我が家ではすでにクリスマスツリーを出窓に飾っています。
毎年のものですが、何度見ても綺麗ですね。
買って初めてつけたときの思い出が、よみがえってきます(^-^)

ある日、クリスマスツリーにもソフトウェアの入る余地が無いか考えてみたことがあります。
・クリスマスツリーのスクリーンセーバー
ださださですね(^^;)
バーチャルクリスマスツリーじゃ雰囲気が出ません。
・独特の発光パターンのクリスマスツリー
そのくらい、ソフトなしでハードだけで出来ますね。
・・・

しばらく考えるうちに気がつきました。
これは、ソフトウェアの対象じゃないと。。。
たとえば、ギターという楽器にはクラッシックギターとエレキギターがあります。
エレキギターはシンセサイザーなどとともにソフトウェアの入る余地がありありですが、クラッシックギターには電子的なものは似合いません。
つうか、「そんなもん蛇足にすぎん」て言う感じです。
クリスマスツリーも後者なんだなと、ソフトウェアの似合うクリスマスツリーはたぶんあるのでしょう。
しかし、それはエレキギターと同じで、これまでとは違ったクリスマスツリーに違いありません(^-^)

ポチッとしてね(^-^) By アベンテック 合同会社
posted by アベンテック合同会社 at 19:49 | Comment(0) | 日記